蒼い海と緑の島に複合介護施設を持った社会福祉法人江能福祉会

研修・勉強会-29

研修・勉強会(平成29年度)

3月30日 法人実践発表会

平成29年度の江能福祉会法人実践発表会が行われました。
各施設・事業所の職員が集まり、一年間の取り組みや今後の課題を発表しました。
発表者は、緊張しながらも解り易く発表していました。発表に使う資料作りも、大変でしたが見やすく、解り易いものとなっていました。
ユーモアを交えたり、体操を披露したりと緊張が和らぐ時間もありました。
職員の取り組みが、利用者の皆様に満足頂けるサービスを提供出来るよう、職員一丸となって努めてまいります。
画像の説明

画像の説明 画像の説明 画像の説明

2月26日 法人研修「チームを作る『メンタルヘルス』入門」~ストレスを受けにくい環境作りを考える その2~

職員研修①
平成29年度の第2回法人職員研修会に、ひと創研の堀中嶽水先生をお招きして行いました。昨年10月にも研修をお願いしており、その続きから始まりました。前回の研修内容をふりかえり、徐々に思い出してきました。
職員研修② 職員研修③
研修内容の一つとして、ボディランゲージのポーズとホルモン分泌の話がありました。
「人指し指と薬指ではどちらが長いですか?」との問いかけに、人指し指の長いあなたは、穏やかな草食系。薬指の長いあなたは、病気のリスクが低い肉食系との統計データの話もありました。身近な人でも試してみたくなりました。
堀中先生の信条「楽しくなければ研修じゃない!」のとおり、時間を感じさせない研修でした。
日本人の「感じて、察して、気付く」の非言語コミニケーション文化の中での、ストレスの発生源を上手に回避できる環境作りを目指して行きます。

10月10日 法人研修会

堀中嶽水先生 理事長挨拶
平成29年度の職員研修として、ひと創研・堀中嶽水先生をお招きし、「チームを作る『メンタルヘルス』入門~ストレスを受けにくい環境作りを考える~」をテーマにお話をして頂きました。
堀中先生の楽しいお話に期待していた職員もおり、74名もの職員が参加しての研修でした。最初こそ静かに始まりましたが、途中からは、突如作られたチームでの話し合いなどで、楽しく進められていきました。
「笑顔」笑う事がどれだけ心と体にいい影響を及ぼすのかなど興味のある、又、納得のできるお話でした。
今回の研修を教訓に、職場の環境作りを改めて考え、ストレスの軽減が出来ればと思います。
先生の話に夢中 チームで話し合い

9月14日・15日 平成29年度中国地区老人福祉施設研修大会

「今こそ・高齢者福祉・介護の原点に立ち返る、~地域社会を支える拠点施設を目指して~」をテーマに全国老人福祉施設協議会・中国地区老人福祉施設協議会主催の研修大会に、当法人からもケアハウス江能が発表者として参加しました。
当施設の発表は、「地域包括ケアの時代を生きる~いきいき百歳体操と共に~」という内容で発表しました。内容としましては、江田島市と連携して当施設で毎週行っている高齢者の介護予防に効果がある、「いきいき百歳体操」の取組みを軸に、ケアハウス江能とそれを取り巻く地域包括ケアについての発表を行いました。
また、島根県飯南病院の角田院長による医療と介護の連携についての講演や、青森山田高校サッカー部監督の黒田氏による組織作りのマネジメントについての講演、そして他施設の発表等も素晴らしい内容で、より一層、私たちが率先して地域の「安心拠点」となることへの決意を新たにしました。
平成29年度中国地区老人福祉施設研修大会① 平成29年度中国地区老人福祉施設研修大会② 平成29年度中国地区老人福祉施設研修大会③

6月5日 特養・あんしん江能24勉強会

IMG_2579 - コピー_R2.JPG,勉強会① 勉強会②

特養の介護職員とあんしん江能24の職員とで、夜間オペレーター業務についての勉強会を実施しました。
対応する職員がご利用者からの相談や緊急通報の電話対応について、ご利用者と訪問介護員との架け橋となる重要な業務だという意識を持ってもらえたと思える勉強会でした。

t:2 y:3

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional